知っておくべき!癌患者にも役立つ、食生活を指導する資格とは?

知っておくべき!癌患者にも役立つ、食生活を指導する資格とは?

癌患者にも役立つ、食生活を指導する資格とは?

 

 

現在は、癌患者にいかに食事を改善することが大切か問われています。また、癌にならないためにも、食事生活に気を付ける必要があります。
最近は、食生活にも注目している人が多く、食事に関する資格も様々あります。
食育インストラクター、食育アドバイアー、食育メニュープランナー、食育スペシャリスト、薬膳コーディネーター、国際薬膳食育師、醸しにすと、マクロビオティックセラピスト、ヘルシー&ビューティーフードアドバイザー、食生活アドバイザー、がん病態栄養専門管理栄養士 、生活習慣病予防アドバイザー、 食養生コーディネーターなど、まだまだありますが、なかでも、がん病態栄養専門管理栄養士 、生活習慣病予防アドバイザー、 食養生コーディネーターと言ったいくつかの資格を持った人から、癌患者、または癌にならないために、適切なアドバイスを受けることもお勧めします。

 

 

 

●がん病態栄養専門管理栄養士

 

よりがんに特化した栄養士の育成とチーム医療への連携強化を目的とし、平成25年度にがん病態栄養専門師の認定を開始しました。
予防策はもちろんのこと、治療、療養において、患者のQOLの向上は重要な課題で、がん患者においては、疾病そのものによる影響や治療に伴うもの、精神的な苦痛、いくつかの原因が相まって、しばしば栄養管理が困難な状態となる。これらを円滑に行うためには、がんに関する高度な知識と技術は欠かすことはできません。
そこで、日本病態栄養学会では がん患者の栄養管理・栄養療法についても、セミナー等の必須項目として高度な知識と技術を習得した管理栄養士の育成を図っています。

 

 

 

●生活習慣病予防アドバイザー

 

日本能力開発推進協会 (JADP)より発行される資格で、糖尿病、動脈硬化、痛風、がんなどの生活習慣病の基礎知識から、正しい食生活に関する知識、生活習慣病を予防するエクササイズ、生活習慣病の予防レシピなど総合的な専門知識を習得したことを証明する資格です。
医療、福祉関係の方はもちろん、美容業界、飲食業界の方のプラスαの知識としても推奨している資格です。

 

 

 

●食養生コーディネーター

 

東洋医学に基づき、ホリスティックな視点で、食と健康に関する情報を取捨選択できる専門家です 。
「食養生」とは何をどのように食するのが健康維持のために良いのかという、多くの先人たちから踏襲されている英知のことです。 現存する日本最古の医学書は平安時代の宮中医官である丹波康頼撰の『医心方』です。ここには隋・唐の医説、医術が収録され、食事による健康法も記されています。
近代では「食養」という言葉を提唱した明治時代の軍医である石塚左玄が、風土性と自然食を強調する食物養生法を縮めて「食養」と名づけ、食と養生の大切さを説きました。
食養生コーディネーターとは日本食事療法士協会が認定する資格で、東洋医学的な視点から「食」と「健康」について学び、幅広い視野で個々に合わせ的確に情報の取捨選択をする能力を身につけた食養生のスペシャリストです。日本に古くから伝わる東洋医学や養生の叡智は、現代のわたしたちにも必要な大切な要素がたくさん含まれています。
食養生コーディネーターは、その叡智を学び、食と健康の情報の選択方法を身につけることで自身の心身に向き合い、日々の生活を楽しむための基板を作ることができます。
あなたや、あなたに関わる人々の健康で快適な生活実現に貢献する、それが食養生コーディネーターの役割です。

 

 

 

●食育インストラクター

 

たくさんの食べ物を手に入れることができる時代です。自分で選んだ物が安全なものかどうか、積極的に知る必要があります。
オーガニック食品を選んだり、素材にこだわって手作りしたりと食の安全に関心を持つ方がどんどん増えています。
スーパーで食品を購入する時も、どこで作られたものか、どんな成分が入っている加工食品かといったことが重要視されるようになりました。
そういった食の大切さに関しての知識を持ち、実践し広めていく資格が食育インストラクターです。

 

 

 

●食生活アドバイザー

 

食生活アドバイザーには2級と3級があります。
食のアドバイスをするプロといっても過言ではありません。現代は生活習慣病にかかってしまう人が多く、食事面での見直しが求められています。そういう意味でも食生活アドバイザーの存在はとても重要になってくるでしょう。食生活アドバイザーが活躍できる場は幅広く、飲食業界や販売業界はもちろん、医療や介護、福祉業界、生産業界、学校や流通現場などがあります。またご家庭で家族の健康を考える時にも役立つものです。

 

 

 

●上級食育指導士

 

上級食育指導士とは、新鮮な食材選びから、栄養バランスの整った食生活を指導・実践することが可能な食育関連のスペシャリストの資格です。一般財団法人日本能力開発推進協会‘JADP’の認定資格で、受験資格は特になく食育に関心のある方は誰でも受験が可能ですが、上位資格の為、受講前に食育に関する基礎知識があることが望ましいとされています。
上級食育指導士は、日々摂取する食事のなかに食育の知識を取り入れて、安心・安全な食生活を実現することや、既に食育関連の職場で仕事をしている方はより実践的な内容を学ぶことが出来ます。食品添加物や遺伝子組み換え、製造方法等に潜んでいる食の危険性も併せて学習する為、食の多様化が進んでいる現代の食生活の中で必要な「食の見極め方」が身に付きます。

 

 

知っておくべき!癌患者にも役立つ、食生活を指導する資格とは?

 

 

 

 

 

 

癌を再発させないために!がんを予防する食事とは?

 

 

 

 

こちらもぜひご覧になってください。

 

癌が改善しなければ全額返金!数々のガン患者を改善させてきた食養理論の決定版!井上俊彦のメディカル・イーティング(ガン篇)