必見!癌を治す食材とは?がん患者におすすめの食事療法について

必見!癌を治す食材とは?がん患者におすすめの食事療法について

癌を治す食材とは?がん患者におすすめの食事療法について

 

 

癌の治療法は、手術、抗がん剤治療、放射線治療の3種が主流となっています。これらの治療法は、高い効果が認められ完治する可能性も高くなっています。しかしながら、高齢のために手術に耐えられない、正常細胞も傷つけてしまうといったデメリットもあり、治療法は年齢や体力、癌の転移状態によって判断されます。近年、こうした状況でも身体に負担のない治療法として、癌を治す食材を積極的に摂取する食事療法が見直されています。

 

そこで今回は

 

・癌を治す食材とがんを抑制する食材
・癌を治す食事療法
・絶対に守りたい食べ方

 

について伝えたいと思います。

 

 

 

癌の抑制と治療
癌を抑制するということは、癌になる前に癌の発症リスクを低下させることです。抗酸化作用の高い食材を使った食事やストレスを溜めない生活、発癌性物質を回避した生活などでリスクの低下につながります。一方癌を治療することは、癌が発症した後に癌化した細胞を体内から排除することです。一度発症した癌は治療が難しく、手術による切除や抗癌剤による細胞の死滅が最も効果的なのですが、身体への負担も大きくなってしまい、食事療法や免疫療法が推奨される場合があります。

 

 

 

癌を治す食材
近年、食事療法の中でも、癌を治す効果のある食材として特に注目されているのがブロッコリーです。ブロッコリーにはメチルメタンチオスルホネートと呼ばれる、癌化した細胞を修復し正常化する働きを持つ成分が含まれています。この成分はブロッコリーでしか見つかっておらず、非常に効果の高いものだとされています。さらに、ブロッコリーには癌を抑制する成分も豊富に含まれているため、癌治療と癌抑制の両方の効果が期待できるのです。

 

 

 

食べ方の注意点
メチルメタンチオスルホネートは、熱によってすぐに分解してしまいます。そのため、ブロッコリーは必ず生で摂取する必要があります。しかしながら、通常茹でるなどの調理を加える食材ですので、生で食べるというのは少し難しいかと思います。そこで、ブロッコリーの代替食材として、ブロッコリースプラウトをお勧めします。これはブロッコリーの新芽で生でも食べやすく、ブロッコリーと同等の機能を有するとされています。

 

 

必見!癌を治す食材とは?がん患者におすすめの食事療法について

 

 

 

最後に
ストレス社会において、多忙なために外食が増えたり、食事の時間が毎日バラバラになったり、健康的な食生活を送ることが困難な状況にあります。ガンは早期発見、早期治療です。頻度の高い検診を心がけ、早期に見つけることが大切です。そして発見が初期ならば様々な治療法が有効です。もちろん食事療法、特にブロッコリーも大きな助けとなるに違いありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

がんに効く飲み物の代表といえば?緑茶が良いらしい

 

 

 

 

こちらもぜひご覧になってください。

 

癌が改善しなければ全額返金!数々のガン患者を改善させてきた食養理論の決定版!井上俊彦のメディカル・イーティング(ガン篇)