癌の食事療法として期待される玄米。その驚きの効果とは?

癌の食事療法として期待される玄米。その驚きの効果とは?

癌の食事療法として期待される玄米。その効果は?

 

 

癌に対する食事療法として、「玄米食」が近年注目を集めています。通常、米は収穫後に籾殻を除去し、糠層や胚芽を削り落とす精米工程を経て、私たちが普段口にする白米になります。籾殻を除去しただけの米を玄米と呼びますが、実は米に含まれる栄養の大半が糠層に存在しているため、白米に比べて非常に多くの栄養分を有しています。

 

そこで今回は

 

・玄米を食べる利点
・発芽玄米はもっと体に良い?
・発芽玄米に含まれる癌に対する有効成分は?
・発芽玄米の食べ方は?

 

についてお伝えしたいと思います。

 

 

 

玄米を食べる利点
玄米には炭水化物の他に、タンパク質や脂肪、ビタミンB1、ミネラルといった栄養素がたくさん含まれています。白米から玄米に食生活を変えることで、摂取できる栄養素の絶対量が変わります。そうすることで、身体の免疫機能が高まり、癌に対しても効果的な治療法として注目されています。

 

 

 

玄米は玄米、その中でも・・・
玄米を1mm程度発芽させた発芽玄米は、成長過程で澱粉から栄養素を作り出すため、通常の玄米に比べてさらに栄養価が高いとされています。こうした発芽玄米は、自分で作ることも可能ですし、多くのメーカーが販売しており入手も簡単なので、ぜひチャレンジしてみてください。

 

 

 

玄米に含まれる健康維持に効果のある成分
玄米には食物繊維やビタミン、オリザノール、フィチン酸、フェルラ酸などが多く含まれ、消化器官の活性化、炭水化物の代謝促進、コレステロールの低減、大腸がんの予防、肝機能障害の軽減などの様々な効果が期待できます。ちなみに発芽玄米には、これらの成分が白米と比較して3〜5倍程度含まれるとされています。

 

 

 

発芽玄米の食べ方
玄米は、炊飯する前に一晩ほど水につける必要があるなど、調理の面で少し手間がかかります。ですが発芽玄米は硬さが少なく、炊飯器でも白米と同様に炊くことが出来ます。しかしながら、消化しにくいことや食感が口に合わないことなどの問題点がないとも言えません。食べ始めは白米に少しずつ混ぜ込むなどして、徐々に体を慣らしていく必要もあるかと思います。

 

 

 

最後に
玄米を食べたからと言って、抗がん剤などのような効果が一朝一夕で得られるわけではありません、しかしながら、日々の食生活に玄米を取り込むことで、免疫機能が高まることは確かです。栄養価の高い食生活を送ること、それはまさに癌に対しての有効な食事療法といえるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

玄米をおいしく炊くならこれがおすすめ!

 

販売累計5万台突破!圧力炊飯器なら【なでしこ健康生活】

 

 

 

ハリウッドセレブも注目!【玄米ミルクスムージー】
玄米ミルクスムージー

 

 

 

癌を治す食材とは?がん患者におすすめの食事療法について